体育嫌いの人を筋トレ好きにしてしまう技術

インタビュー

皆さん、「運動しなきゃ」と思いつつ、なかなか取り組めないなんてことありませんか?

いとうもとみ
いとうもとみ

こんにちは、いとうもとみです。今回は、私も参加している筋トレグループに関するお客様の声のインタビューをしてきました!

今回は、オンラインサロン「ファーストペンギン村」(以下、トリ村)で山Gが運営する『Zoomでおうちトレーニング』に参加するぷりちゃんにインタビューをしました。

たくさんのお話を聞けたので記事にしました。

  • 運動嫌いだし筋トレはちょっと・・・
  • キツい運動はやりたくないけど体力不足は心配・・・

そう思った人はぜひ読んでみてください。

自己紹介

山G
山G

こんにちは、山Gです。
筋トレ大好きおじさんです。週3回、みんなで筋トレに取り組むワークショップを開催中です。普段は山奥で奥さんとワンコと戯れる日々を送っています。

学生時代は体育が苦手だったが、大人になって誰と比べられる訳でもなくなってからは、自由に体を動かす楽しみを知り、運動や体を動かすことが大好きに。現在は、冬はスノーボード、夏はウェイクボードやモトクロスと季節ごとのスポーツにいそしんでいる。
現在は、オートバイショップ勤務のかたわら、2019年夏から『Zoomでおうちトレーニング』を開催中。
ぷりちゃん
ぷりちゃん
こんにちは、ぷりちゃんです。今回は、「山Gの筋トレの時間帯は、村から人がいなくなる」というクチコミを聞きつけて参加してみました!

外資系IT企業を経て政府開発援助に従事。アジアを中心に途上国の発展に貢献する中で女性初、プロジェクトマネージャーに就任。その後、人材育成のコンサルタント、ビジネスコーチとして、数々の企業研修講師を務める。
バリバリのビジネスパーソンとしての顔もありつつ、家族への愛情とユーモアにあふれる一面も見せる。

質問1 『Zoomでおうちトレーニング』に参加しようと思ったきっかけを教えてください

噂は前から聞いていたんです。「村から人が消える」というクチコミとか、打ち合わせの日時を設定しても「その時間は山Gの筋トレがあるから、ずらしてもらえないか?」と言われたこともあって、すごい人気だなと思って。

私は自分でもパーソナルトレーナーをつけて定期的にトレーニングしているので、必要ないと言えばなかったんですが、「一回行ってみるか!」と参加してみたんですね。

質問2 『Zoomでおうちトレーニング』に参加する前にあなたの状態を教えてください

実は私、「スキップ」ができないんです。致命的にジャンプができない。学校の体育ってまんべんなくやらないといけないじゃないですか。だから大嫌いだったんです。でも、大人になってから自分の好きな運動にだけ打ち込めるのであれば、身体を動かすのは嫌いではないとわかったので、体力づくりのためにパーソナルトレーニングも受けているという状態でした。

そして、山Gのやっている筋トレって外から様子を見ていると、女性が多いうえに、特に運動が苦手な人達が継続できている様子が分かったんですね。あと、山Gの告知投稿の文面も、今まで私が出会ってきたトレーナーさん達の発言と全然違う。どうやら、ゆるーくやっているようだと想像できたので、「普段のパーソナルトレーニングにプラスしても大丈夫かな?」と思って参加しました。

質問3 『Zoomでおうちトレーニング』の後、あなたが解決できたことを教えてください

山Gの筋トレでは、先生の話を聞くんじゃなくて、自分の身体と対話して「今の調子はどう?」と自分で自分の身体に聴き続けなければいけないんです。その時間を持てたことが良かったですね。

そして、山G独自の追い込まないアプローチが印象的でした。世間の筋トレの先生は必ず結果を求めるんですよね。「腹筋は割れたか?」とか「どれだけシェイプされたか?」とか。それに、「あと3センチ深く!」と追い込んでくる。でも、山Gはそういうことが一切なかった。「一味違うな」と思いました。

あと、私の場合、個人起業家でもあるので、誰かに命令されて動くのではなく、自分の意志で仕事を取り、自分の意志で仕事をしていかないといけない。だから、色んな側面の自分と仲良くなって、説得したり納得したりしてもらいながら進めないと、メリットをいくら提示されても、どこかで足が止まってしまうことがあるんです。それを避けるためには、さまざまな自分と仲良くしておきたい。

先生の話に集中するのではなく、自分自身に集中することができたのが、今までの筋トレに比べると大きな変化です。

質問4 山Gさんはどんな人だったか教えてください

周囲は「イケメンだ!イケメンだ!」と騒いでますが、私としては自分の息子くらいの扱いですね(笑)。でも、すごく優しいし、話し方も柔らかい。

私自身、フルマラソンやトライアスロンにも取り組んだことがあるのでわかるのですが、筋トレも運動も、常に結果を追い求められるものなんです。でも、山Gは違う。

できない人はそのままでいいし、できている人をすごく伸ばすわけでもない(笑)。筋トレをしながらも「今ここ」にものすごくフォーカスしてて、世間で言う筋力トレーニングというよりは、瞑想っぽいあり方なんですよね。できてもできなくても、淡々と過ごしていく感じなんです。

繰り返しになりますが、「ダイエット」「体形整えましょう!ボディメイク!」「健康になりましょう!」、と結果を求める言葉が出てこないのがすごくイイですね。山G自身がそれはみんなで目指すゴールじゃないって考えているのかも。だから、山Gは「身体を動かす過程を楽しんでる人」って感じかな。

質問5 この『Zoomでおうちトレーニング』はどんな人にオススメか教えてください

たくさんありますよ。

  • 運動が嫌いな人
  • 何かやりたいと思って運動を始めたけど、続かなかった人
  • 個人事業主・・・特に40代50代の体調が乱れがちな人
  • 男らしさやマッチョさを求めない人

山Gは運動ができない人、学校の体育が嫌いだった人の気持ちが分かる人なので、結果を求められると辛くなる人にもおすすめですね。

実際の「おうちトレーニング」の様子

質問6 『Zoomでおうちトレーニング』を参加検討中の方に一言お願いします!

山Gの筋トレでは、体の動きをとおして自分との対話プロセスを楽しむことができます。

あと、人とのコミュニケーションが苦手な人!いわゆる陰キャとコミュ障と呼ばれる人にも、この珍しい筋トレを体験してほしいです。

一番話を聞いてもらいたい相手が自分で、一番分かってらいたい相手も自分という人は、ぜひ参加してみてください。

山Gコーチから見たぷりちゃんとは?

山G
山G

ぷりちゃんは自分の行動規範が定まっていて、そのルールに従って行動を律することができる人だなという印象です。行動の土台がしっかりしていて、目標へ向かうパワーが落ちないイメージです。

トレーニングを一緒にしていて感じる変化は、回を重ねるごとに自分との向き合い方がはっきりしてきていること。例えば、「腕立て20回しましょう」といった課題に対して、まずは指示通りのフォームや回数で取り組みます。でもその後は、指示されたフォームはそのままに、自分の体調や身体の様子を見ながら調整して、取り組んでいる様子がうかがえます。今回の話にもあったように、自分の体と対話しながらトレーニングしているなと感じています。

新しいサービス開発に向けて準備中!

山Gは、アラフォーから筋トレに目覚め、今や筋トレがライフワークに。現在は新しい筋トレサービスを開発中です。

今回は、『Zoomでおうちトレーニング』で筋トレをとおして自分の身体との対話を楽しむぷりちゃんにお話を伺いました。

山Gの提供サービスに興味のある方はコチラをクリック!

.

.

.

↓インタビュアーもんちゃんのメルマガはこちら!↓

ブエナ・ビスタ・ソシアル・オフィスへようこそ。
メールアドレスをご登録いただくと、いち早く活動案内や耳よりニュース、おすすめ情報などをお送りします。
<注意>申し込みボタン押下後、手続きが必要です。
info@montschack.comから「メールレターの購読を承認する【ブエナ・ビスタ・ソシアル・オフィス】」というメールが届きます。そのメールを開き、「承認ボタン」をクリックしていただくと、購読開始になります。

受信ボックスか迷惑メールフォルダを確認して購読手続きを完了してください。
タイトルとURLをコピーしました