商品開発部に入って「やりたいこと探し」に終止符を打った話

ブエナビスタの活動

皆さん、自由なフリーランスを目指すために「自分探し」や「やりたいこと探し」に必死になっていませんか?

いとうもとみ
いとうもとみ

こんにちは、いとうもとみです。今回インタビューをしてきました!

今回は、オンラインサロン「ファーストペンギン村」(以下、トリ村)でヨシダさんが開催した『ゼロから商品開発部』(以下、『商品開発部』)に参加して、「やりたいこと」と「強み」を同時に見つけ、即実践に移したぱんちゃんにインタビューをしました。

たくさんのお話を聞けたので記事にしました。

  • 自分を深堀りするのが辛い・・・
  • やりたいことを実践に落とし込めるか不安・・・

そんな人はぜひ読んでみてください。

登場人物

ヨシダ
ヨシダ

こんにちは!ヨシダです。今回、試験的に『ゼロから商品開発部』を開催しました。第2期募集予定です。

孤独と疲弊を癒す組織人事ファシリテーター
中小企業の孤独な経営者、マネジャー、リーダーを、もっと自由にするための対話、場作りから離職率低下や業績向上に寄与。
フリーランスを中心に多領域の中小企業支援プロチームをつくり学び合いの場を運営。
個人にもその人らしい生き方を支援するコミュニティをつくり運営しながら、自分自身も同じ場で探求を続けている。

ぱんちゃん
ぱんちゃん

こんにちは、ぱんちゃんです。今回、参加して自分の漠然としたやりたいことを形にできました。

某広告代理店の総務部勤務
80年代90年代のカルチャーをこよなく愛し、日々Instagramで発信を続けている。(ぱんちゃんのInstagram
フォロー・フォロワーとの濃いコミュニケーションを武器に、オンラインコミュニティ「みんなのインスタを褒めて伸ばす会」を主宰。
25名上の参加者に、発信者が心から楽しみ、人と繋がれるような投稿を促している。

質問1『商品開発部』に参加しようと思ったきっかけを教えてください

年末にトリ村オーナーの”がくちょー”から「やりたいことを見つけなさい」とアドバイスをもらっていましたが、なかなか自分だけでは見つからず、悶々とした日々を過ごしていました。

年始の目標設定を『1年かけてやりたいことを見つける』にしていたので、他の部活動にも参加しつつ、「良いきっかけだ!」と思い参加を決めました。

質問2『商品開発部』に参加する前にあなたの抱えていた問題点を教えてください

一番の問題点は「得意なことが分からない」ってことでしたね。トリ村に入っていわゆる自由業、一週間で5時間しか働かない、1時間のコンサルでいくらもらっている等々、プロ自由業の人たちに圧倒されていたんです。

  • 「自分では何ができるのか?」
  • 「何を有料で提供していいのか?」
  • 「自分のスキなことにお金を払ってくれる人はいるのか?」

本当に、全然分からなかったんです。一方、勤務先では、言われれば何でもそつなくこなせる。「平均点コンプレックス」というか、突出したものが自分にはないと感じていました

“がくちょー”に「ぱんちゃんは、何に興味あるの?」と聞かれて答えられなかったのが2020年の年末でした。

村の他の方が主催した「やりたいことの見つけ方ワーク」で、好きなこと、得意なこと、大事なことの3つはおぼろげながら見つかったのですが、まだ「やりたいこと」「自分にできること」を具体化できていなかったのが参加前の状態でした。

質問3『商品開発部』の後、あなたが解決できたことを教えてください

自分にとっての「強み」や「やりたいこと」が明確になりました!

「コレやった方がいいんじゃない?」って言われても、心が動かない。「これやったら儲かるよ」も響かない。

じゃあ、どうやったら自分に響くのか?・・・それが分からなかった。

でも、トリ村の方の投稿で「インスタを始めたいけど、どうしたらいいか分からない」というお悩み投稿に対して「ちょっとしたことなら教えますよ」とコメントしたんです。
そのコメントをきっかけにスレッドが伸びて、他にも教えてほしいという人がたくさん出てきたのでオンラインコミュニティ「みんなのインスタを褒めて伸ばす会」を別途作る運びになりました。

タイミングが良かったですね。オンラインコミュニティの開始と同時に『商品開発部』が始まり、毎週コミュニティ運営の振りかえりができました。

仲間の力を借りながら自分の行動を見つめ直していくと、自分の原動力は誰かが困っているとか、「教えてください」って言葉なんだって納得に近い形で気づいたんです。そして、そういう人たちに効果が出たり、喜んでいたりすると「自分のことのように嬉しい!」という感情にも気づけたんです。

本当に週に1度のZOOM会が毎回心待ちでしたね。それぞれの気づきを利害関係なしにフィードバックできる仲間には、社会人生活が長くなるとなかなか出会えないので、何にも代えがたい時間でした。

質問4ヨシダさんはどんな人だったか教えてください

テクニックや理論を目に見える形であまり使わない人でした。ターゲットやプラットフォーム選定などの具体的セールステクニックには言及しない、それでいてかみ砕いて本質を教えてくれて、参加者自身の納得や学びが大きい。

私は俗にいうコンサルタントさん達の「教えてやるよ」というスタンスがあまり好きじゃないんです。ヨシダさんは、どんな後ろ向きな発言をしても、それを捉え直してプラスにしてフィードバックしてくれました。

「Instagramは誰に届けたいかが大事」という自分のモットーだけでなく、『商品開発部』でヨシダさんが一人ひとりを見つめてくれたそのありようを、自分もオンラインコミュニティの運営で実践しようと自然に思えました。

質問5『商品開発部』の参加を今後も継続されますか?

ぜひ参加したいと思います。

理由は二つあって、一つは「継続」することで『商品開発部1期』で得られた成果や効果が更に高まると確信したから。もう一つは「いろんな人との濃い対話」が今の自分には必要だと実感したからです。

質問6『商品開発部』はどんな人にオススメか教えてください

やる気のある人ならどんな人にもオススメです。

とはいえ、チームでの活動なので参加者を思いやれる気持ちや、主体的なやる気のある人じゃないと、得るものは少ないかもしれません。

質問7『商品開発部』参加検討中の方に一言!

3か月ごとでひと区切りとなるのは良いタイミングです。トリ村に入って新たなチャレンジをする気持ちを持つ人もたくさんいますよね。

ぜひ、参加して主体的に動いてみてください

ヨシダさんが語る、ぱんちゃんの変化とは?

ヨシダ
ヨシダ

 

ぱんちゃんは色んな好きなことがあるんですが、「それをマネタイズしないと」というプレッシャーがあるのかなぁ…というのが最初の印象です。

何週か一緒にやる中で回りの皆からも「無理してマネタイズしているように感じる、ぱんちゃんの素敵なところはそこじゃないよ」という声が出てきました。そして「インスタで頼られた」というぱんちゃんの振り返りエピソードに対して、チームメンバーが「そういうところが、ぱんちゃんの素敵なところだと思う!」と背中を押しているのが印象的でした。

本人も言っていましたが、「ああした方がいい、こうした方がいい」では動かなかったぱんちゃんが、ものすごい勢いで動き始めて、しかも楽しそう!これは嬉しいですね~!

マネタイズや稼ぐことを目指したい時もあると思いますが、「ぱんちゃんは相手が求めてきて初めてマネタイズを考える方が合っているのかな?」と、感じています。素敵なコミュニティ作りが得意なぱんちゃんのこれからが楽しみです!

企業だけでなく、個人にもその人らしい生き方をサポートしています!

ヨシダさんは、中小企業のリーダー支援だけでなく個人を対象に、その人らしい生き方をその人自身が納得して見つけるお手伝いをしています。

今回は、『商品開発部』で自分の「やりたいこと」「強み」「原動力」を見つけたぱんちゃんにお話を伺いました。

ヨシダさんの提供サービスに興味のある方はコチラから!

クリックしてヨシダさんのWEBサイトをチェック!
【㈱トラスタイル公式サイト】

対話型組織人事コンサルティングのTrustyyle | 経営者を孤独にしない。経営者を、マネジャーを、リーダーを、もっと自由に。
中小企業の経営者を支援するコンサルティングチームTrustyyle(トラスタイル)のサイトです。経営者の事業経営に寄り添い、本当に必要で成果のあがる施策に絞り込み、依存組織から自律組織への変革、右腕となる経営幹部の育成、社内外コミュニケーションデザインによる定着率の向上や業績向上を支援致します。

 

 

↓インタビュアーいとうもとみのメルマガはコチラ↓

ブエナ・ビスタ・ソシアル・オフィスへようこそ。
メールアドレスをご登録いただくと、いち早く活動案内や耳よりニュース、おすすめ情報などをお送りします。
<注意>申し込みボタン押下後、手続きが必要です。
info@montschack.comから「メールレターの購読を承認する【ブエナ・ビスタ・ソシアル・オフィス】」というメールが届きます。そのメールを開き、「承認ボタン」をクリックしていただくと、購読開始になります。

受信ボックスか迷惑メールフォルダを確認して購読手続きを完了してください。
タイトルとURLをコピーしました