うそでしょ!たった10分の立ち方ワークで産後体形が激変!

ブエナビスタ

皆さんは、加齢や産後の体形変化を「もう自分ではどうにもできないんだろうな」と諦めていませんか。

いとうもとみ
いとうもとみ

こんにちは、いとうもとみです。今日はインタビューをお届けします。

今回は、オンラインサロン「ファーストペンギン村」でヨガとアーユルヴェーダの専門家であるサラリタタさんが開催した『15日間正しく立つワークショップ』(以下、『正しく立つWS』)に参加して、正しい姿勢と心のゆとりを取り戻したむつみさんにインタビューをしました。

たくさんのお話を聞けたので記事にしました。

  • 体形変化を日々実感しているが、自分ではどうにもできない・・・
  • 日々の忙しさで自分を見失いがち・・・

そんな人はぜひ読んでみてください。

登場人物

サラリタタ
サラリタタ

こんにちは!サラリタタです。今回の『正しく立つWS』を開催しました。

ミドルエイジからのシンプルライフ・クリエイター。
充実しているはずの毎日なのに、どこか鬱屈とした気分や体調不良を抱えているあなたへ!ヨガとアーユルヴェーダを基軸として、自由に生きるあなたになれる、食とマインドの取扱い方改善法を伝授。

むつみ
むつみ

むつみです。今回、参加して正しい姿勢の効果を実感しました。

高齢者の自宅での暮らしを看護師の立場からサポート。現在は、コロナ渦での出産を経て、ワンオペ子育てに邁進中。多くの患者さんとご家族を見る中で、マネーリテラシーの大切さを実感。現在は、子育てのかたわら簿記3級、FP2級取得を目指す。

『正しく立つWS』に参加したきっかけは?

むつみ
むつみ

今年、初めての出産を終えて子育てに奮闘しています。もともと、「肩こり」や「姿勢が悪い」という自覚はあったのですが、産後にお腹周りの体形変化を実感していました

オンラインサロン「ファーストペンギン村」に入ってすぐに、サラリタタさんが『正しく立つWS』の募集を開始しました。ずっと体形を戻したいと思っていたので「頑張ってやってみようかな」と決意して申し込みました。

『正しく立つWS』の参加前に抱えていた課題は?

姿勢が崩れているのは分かっているけど、自分の力だけでは直せないな、ということですね。産後の体形の変化、子どもを抱えることで起こる腰痛、歯の噛みしめ癖・・・身体の不調もたくさん出ていました。

私は看護師なので、「姿勢が良くなることが、体形や体調にどんな変化を及ぼすか」は専門知識としてあるんです。例えば「代謝が良くなる」、「腰痛が軽減する」などです。でも、姿勢をよくするアクションを実践するというのは、とてもハードルが高かったんです。姿勢が悪いのは自覚している。でも自分ではどうにもできない。

だから、身体の使い方の専門家であるサラリタタさんから教わることで、いい結果が得られるだろうなと予感していました。

『正しく立つWS』に参加して実感した効果は?

産後に履けなくなっていたスカートが入るようになりました。産後にお腹が出てしまったと感じていたのですが、正しい姿勢に戻ったことでスッキリと出なくなったんです。脂肪がついたとか皮膚が伸びたとかではなく、「姿勢の問題だったんだ!」と身体で実感しました。

あと、腰痛も改善しました。子どもを抱くときに抱っこ紐を使うことが多く、腰が反ることが多かったのですが、立ち姿の時に身体のどこに力を入れればよいか分かったので、身体がラクになりました、

歯の噛みしめ癖も、歯科でマウスピースを作ろうかと悩んでいるほどだったのですが、姿勢の改善に伴って噛みしめも緩んでいきました。

効果を即実感

それに、最初の「●●改善ワーク」を実践した瞬間から、身体がポカポカしてきて、「あ!これは効果ある!」と実感しました。すごく簡単なワークでしたが私には効果てきめんだったので、皿洗いなど立ち仕事の時も自然と実践するようになりました。

『正しく立つWS』を主催したサラリタタさんってどんな人?

サラリタタさんの柔らかい雰囲気、そして自分の芯を持ちつつ参加者を受け入れていくあり方を、見習いたいなぁと思いましたね。チャットでも一つ一つ疑問に答えてくれました。

伝え方もすごく上手なんです。『お腹に力を入れる感覚』ひとつとっても「〇〇に近い筋肉に力を入れて~ここの◎◎がなくなったら正解です」と身体を構造的に分解して、どこを意識して力を入れるのか細かく教えてくれました。

実は私、大手チェーンのホットヨガにも通っていたんです。そこのヨガ講師さんは「お腹に力を入れて~」という説明だけだったので、お腹にギュッと力を入れつつも、「これで合っているのかな?」と正解がよく分からずに身体を動かしていました。

でも、サラさんの説明を聞いて一つずつ力を入れて体の状態を確認していくと「今までの力の入れ方とは全然違う!『お腹に力を入れる』ってこういうことなんだ!」と、ストンと納得がいったんです。

『正しく立つWS』はどんな人にオススメ?

自分と向き合う時間を取りたい人にオススメですね!
私の場合、今まで子育てにかかりきりで、自分と向き合う時間を取れなかったのが、「正しく立つWS」参加がきっかけで、自分の身体に向き合う時間を意識的に取ることができました。

身体に向き合うことが、自分に向き合うことにつながって精神面も変化したと思います。

あとは・・・

  • 自分自身の姿勢の悪さを実感しながらも、改善の仕方が分からない人
  • 一人だとワークをやりきる自信がない人

皆で取り組むから、緩い強制力が働いて継続できるという部分もとても大きいメリットでした。

これから参加する人に一言!

ワークの実践をとおして、今までとは違った視点で自分を見つめる機会につながると思います。
やってみたいと少しでも思ったら、ぜひ参加してみてください。

サラリタタさんが語る、むつみさんの変化

サラリタタ
サラリタタ

立つという行為は、「タダーサナ」という、ヨガでは全ての基本になるポーズです。

今回の『正しく立つWS』ではワークショップ開始前と終了後に立ち姿の写真を頂き、ヨガ専門家の立場から姿勢の分析をさせてもらいました。

参加前

参加後

参加前
・肩内巻き、肩が上がっている
・重心前寄り
・反り腰(骨盤が後ろに上がっていて、お腹が出てお尻が出ている状態)
・膝内向き
・指の間に隙間がない
15日のワークショップ終了後:
・肩、下がって首がスッキリ
・重心真ん中に
・顔が前を向いている
・骨盤の位置が正しくなり、お腹が出ていない
・足の指に隙間ができてきた

 

『正しく立つWS』開催中の時点で、自分の体形に向き合いながら「モデルみたいに痩せるのではなく、体調を整えて、笑顔で家族で過ごせるように、自分にも優しくしたいなって思います」とコメントをしてくれたむつみさん。立ち方をとおして、私の専門分野であるヨガのマインドを実感してくれたことを、とても嬉しく思いました。

自由に生きるあなたになれる、シンプルライフのお手伝い!

サラリタタさんは、ヨガとアーユルヴェーダを基軸として、自由に生きるあなたになれる、食とマインドの取扱い方改善法を伝授しています。

今回は、『正しく立つWS』で効果を実感して自分と向き合う時間まで取れたむつみさんにお話を伺いました。

サラリタタさんの提供サービスに興味のある方はコチラから!

 

↓インタビュアーいとうもとみのメルマガはこちらから↓

ブエナ・ビスタ・ソシアル・オフィスへようこそ。
メールアドレスをご登録いただくと、いち早くイベント情報や耳よりニュース、おすすめ情報などをお送りします。
タイトルとURLをコピーしました