【Death Cefe@焼津旧港 vol.03 ふりかえり】

デスカフェと介護カフェのこと

「緑茶を飲みながら、つきたてのお餅を食べながら、死について語り合おう」

2018年3月1日に初めてのコラボイベント、焼津流平和の作り方、市民ビキニデーでのデスカフェを開催いたしました。

欧米でまず盛り上がりをみせたデスカフェ。

「紅茶を飲みながら、ケーキを片手に死について語り合おう」というコンセプトで行われています。

しかし、ここは焼津、港の街。

コンセプトは

「緑茶を飲みながら、つきたてのお餅を食べながら、死について語り合おう」になりました。

会場には流木アートとキャンドル

手作りの流木アートが並べられ、窓の外からは港や大きい船が一望できる会場で、

いつもとは少し違った雰囲気。

平和を願う参加者が多く集まり、五十数年前に起きたビキニ島での核実験しかり、3.11の東北大震災しかり、起きた出来事が〇〇の手を離れてしまったり、△△に利用されてしまったり、

自分ごととして、心に留めておくにはどうしたらいいのか、どう心がけて生きていくのがよいのか、

様々なことが話し合われました。

 

次は3月16日の定期開催です。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・オフィスへようこそ。
メールアドレスをご登録いただくと、いち早く活動案内や耳よりニュース、おすすめ情報などをお送りします。
<注意>申し込みボタン押下後、手続きが必要です。
info@montschack.comから「メールレターの購読を承認する【ブエナ・ビスタ・ソシアル・オフィス】」というメールが届きます。そのメールを開き、「承認ボタン」をクリックしていただくと、購読開始になります。

受信ボックスか迷惑メールフォルダを確認して購読手続きを完了してください。
タイトルとURLをコピーしました