デスカフェをお寺で始める、たった一つの理由

デスカフェ

いろんなところでデスカフェをやる

こんにちは、ブエナ・ビスタ・ソシアル・オフィスの伊藤です。

今年から静岡市と、藤枝市、そしてオンラインと三ヶ所でデスカフェを開催します。

【予定表はこちらをクリック】 

今年の一月から始めたデスカフェも、定期開催と外部開催を含め、

すでに6回も開催することができました。

静岡市では高齢者施設、藤枝市ではお寺、そしてオンラインでの開催には、

理由があります。

 

なんでお寺で開くの?

それは、なぜかというと・・

「そのお寺が夫の実家だから」

です。

もともと、座禅会のイベントに何年も通ったり、友達にお坊さんがいたりと、

お寺に縁があったと言えなくもないですが、

さまざまなご縁が重なって、お茶とコーヒーを淹れるのが上手なお坊さんと結婚しました。

①実家がお寺であること、

②私の勤務先が高齢者福祉で、たくさんの看取りや終末期医療の同意を支援してきたこと、

 ③お寺を軸にしたイベントをして、たくさんの人が行き交うお寺になったらいいな、

という思い それにマッチしたのが、 この「デスカフェ」でした。


f603ae48c1273ebf768c88e2a396c59d_c8005e4ec03d0fcf1b6fb73b1d5eac71.jpg

(前回の開催風景。高齢者施設・長者の森さんにて)


 

福祉の仕事で見てきた、たくさんの「死に際」のこと

「お墓の話は大好きだけど、死に際の話はしたがらない」と、とあるお坊さんが仰っていました。

私は、高齢者福祉の仕事をしています。それぞれの方の人生の最後の最後のところだけ、少し一緒に走るような、そんな仕事です。ご本人が死に際を決めておかずに、家族と話し合っておかなかったことで、考える暇すら与えられずに、様々な選択を迫られるご家族をたくさん見てきました。

例えば、突然、救急車を呼ばないと行けないほどの急変が生じ、運ばれた病院から「体内の酸素濃度が低くなっています。心臓マッサージや挿管はどうしますかっ!?」と聞かれる。

いざ決断を迫られると、一つ一つの医療行為の意味合いも分からない、当のご本人がどう望んでいたのかも分からないままに、返事をせざるを得ない、と言ったことがままあるのが現実です。

そんなときに出会ったのが、このデスカフェ。「紅茶を片手にケーキを食べながら死について語り合おう」というモットーのもと、十年ほど前からスイスで始まったイベントです。

このDeath Cafe(デスカフェ)はスイスの社会学者バーナード・クレッタズが妻の死を契機に2004年に初めて開催しました。

スイス国内のみならず、フランスでデスカフェを開催したのをきっかけに、イギリスの社会起業家ジョン・アンダーウッドが自身での開催経験を基に、ウェブサイト「deathcafe. com」を開設し、クレッタズの功績や、誰でも開けるようにガイドラインを提示しました。

これにより、ヨーロッパ各地でデスカフェが開催されるようになり、現在、日本でも東京や京都など各地で定期的に開催されています。

(参考:ケーキを食べ、紅茶片手に“死”について語り合う!欧米で広がる「Death Cafe」ムーブメントとは? [イキル×テツガク])

—-

『Death Cafe デス カフェ』参加者の心得

1. 一人ひとりが自由に自分の考えを表現でいるようにする(人の話を否定しない)

2. 自分一人がしやべりすぎないようにする

3. カウンセリングや悩み相談の場にならないようにする(専門家であってもアドバイスはしない)

4. 死に方や自殺につながる話はしない

5. 『Death Cafe デスカフェ』で出たエピソードはその場かぎりとし、SNSに書いたりしない

6. リラックスした雰囲気を作るために飲み物や軽食を用意する

(参考:日経スタイル 死について自由に語ろう )

 

私の夢

私の夢は、「生き死にについて気軽に語り合うことで、今をもっと豊かに生きることのできる社会」を目指すことです。

もし、デスカフェに家族で参加してみたら?もしくは親子で、ご夫婦で?元気なうちに、気軽に話せるうちに、冗談のように話しておくのが、回り道なようで一番の近道。

ご家族にもしものことがあった場合も、「ああぁ、ずいぶん前だけど、こう言っていたな」と思い出すことができたとしたら、死にゆく人と、これからも生きていく人が、少しでもお互いが納得のいく選択ができたとしたら、これほど嬉しいことはありません。

今の時代、「残った家族が何とかしてくれる」「あとのことは任せた」なんてことは、ないのです。

 

お寺での開催予定

お寺での開催は上半期は二回になります。


とき

5/18(金) 19:00~21:00

7/20(金) 19:00~21:00

ところ

静岡県藤枝市高柳1-8-30

松寿寺(しょうじゅじ)

さんかひ

500円(お茶・お菓子代込み)

 

当日、皆さんにお寺でお会いできるのを楽しみにしております。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・オフィスへようこそ。
メールアドレスをご登録いただくと、いち早く活動案内や耳よりニュース、おすすめ情報などをお送りします。
<注意>申し込みボタン押下後、手続きが必要です。
info@montschack.comから「メールレターの購読を承認する【ブエナ・ビスタ・ソシアル・オフィス】」というメールが届きます。そのメールを開き、「承認ボタン」をクリックしていただくと、購読開始になります。

受信ボックスか迷惑メールフォルダを確認して購読手続きを完了してください。
タイトルとURLをコピーしました