視野広く、運転する時も人生も2台先の車を想像する

ブエナビスタの活動
ペーパードライバー歴15年、運転歴3年。結婚したてのとき、義父が「まあ、息子の車は10万キロ超えてるし、いくらでもぶつけても大丈夫だよ」と励ましてくれたが。

あまりにもガツ!カリカリカリ、ガリガリー!っとこすってばかり。

無傷だった中古車は、私が運転し出してから、前後左右、4つの角っこ、もれなく傷がついた。海のある町なので、潮風のせいか錆が早く、もはや車はボロボロだ。

3年乗っても、てんで上達の兆しが見られず、周囲もため息。

そんなときに義父が「前の車に集中すると、視野が狭くなるから、2台先の車と前の車、合わせて3台で等間隔に走ろうと思うと、車間距離も調整できるし、視野も広がるよ」とアドバイスをくれた。

そのアドバイスを聞いてからというもの、運転の調子がいい。2台先を意識した走行を心がけると、ゆったり運転できる。

そのアドバイスをもらったのは数週間前のことだったが、別件で思い悩むことがあって、ここのところ結論が出せずにいた。

でも、週末の晴れた日に運転し終わったあと、「あれ?私の悩みはもしかしたら目の前の1台目の車で、もっと2台目の車(未来)を意識した方がいいんじゃない?」と気がついた。

悩んでも結論が出ないことってある。努力ではどうにもならないことも。病、対人関係、親子のこと、、、、。

最初から最後までなんの心配事も問題もなく、順風満帆な人生なんて、

ハッキリ言って、ない。

だから、抱えながら生きていくこと。

1台目の車という悩みや問題を前にしても、2台目をという未来を見据えながら、「うん、前の車はずっとある」と織り込み済みで動いていくことで、

また新しい扉が開けるのかもしれない。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・オフィスへようこそ。
メールアドレスをご登録いただくと、いち早く活動案内や耳よりニュース、おすすめ情報などをお送りします。
<注意>申し込みボタン押下後、手続きが必要です。
info@montschack.comから「メールレターの購読を承認する【ブエナ・ビスタ・ソシアル・オフィス】」というメールが届きます。そのメールを開き、「承認ボタン」をクリックしていただくと、購読開始になります。

受信ボックスか迷惑メールフォルダを確認して購読手続きを完了してください。
タイトルとURLをコピーしました